The Dragon Scroll

Be just and fear not.

ソフトウェア開発たかだか300人月。いよいよ残り96人月。

株式会社エナジャイルの社名を株式会社レッドジャーニーに変更しました。

政府CIO補佐官を拝命いたしました。

4月1日から政府CIO補佐官を拝命致しました。 補佐官とは? https://cio.go.jp/hosakan

ギルドワークスの代表を退任します。

ギルドワークスの代表を2020年6月でもって退任いたします。

書籍「チーム・ジャーニー」のプレゼント企画、はじめます。

書籍「チーム・ジャーニー」のプレゼント企画はじめます。

デブサミ2020で「チーム・ジャーニー」をデリバーしました。

デブサミ2020が終わってひと段落。ご来場頂いた方、共演者、関係者の皆様に感謝致します。

書籍「チーム・ジャーニー 〜逆境を越える、変化に強いチームをつくりあげるまで」を書きました。

2019年は「チーム・ジャーニー」を書いていました。2020年のお知らせ。

「正しいものを正しくつくる塾」の発足

増田亨さんと市谷で、正しいものを正しくつくるの在り方を学ぶための場作りを始めます。その名は、正しいものを正しくつくる塾です。 drr-juku.link

これから「正しいものを正しくつくる」のジャーニーに出ます。

世の中のお盆休みが明けた頃から、書籍「正しいものを正しくつくる」にまつわるイベント・ジャーニーに出ます。9つ予定しています。

GuildHubというプロダクトづくりを通じて、プロダクト開発自体の仮説検証をしています。

あるプロダクトを3年がかりくらいでつくっています。何らかの事業やプロダクト開発に際して仮説を立てるところから始められて、プロクトチームに何をつくるべきかの情報を受け渡し、共同するためのプロダクト。 最初は自分の仕事の余裕になれば良いなという…

「正しいものを正しくつくる」発刊しました。

「正しいものを正しくつくる」発刊しました。

「正しいものを正しくつくる 〜プロダクトをつくるとはどういうことなのか、あるいはアジャイルのその先について〜」という本を執筆しました。

「正しいものを正しくつくる 〜プロダクトをつくるとはどういうことなのか、あるいはアジャイルのその先について〜」という本を執筆しました。6月14日発刊です。

DevLOVEの11年を振り返る(後篇)

DevLOVE Xタイムテーブルを公開しました。 DevLOVE X 〜 それぞれの10年、これからの10年 〜

DevLOVEの11年を振り返る(前篇)

DevLOVEが10(+1)周年を迎えました。記念回を開催します。

霞が関で、サービス開発をアジャイルにやる。

霞が関で、サービス開発をアジャイルにやる。プロジェクトは関係者のそんな期待から始まりました。

カイゼン・ジャーニー、期間限定でKindle Unlimited登場。

カイゼン・ジャーニー、期間限定でKindle Unlimitedに登場です。つまり、今なら読み放題です。 https://www.amazon.co.jp/dp/B078HZKLMB/

デブサミ2019で話したこと、約束したこと。

デブサミ2019で登壇していきました。

決済はどこへ消えた。

この土日、ぶらり京都に佇みに行ってました。そこで何気なく乗ったタクシーでの出来事。乗ってみると、到着前にスマホで決済できるアプリに対応しているタクシーでした。いつもの感じでスマホアプリで決済。運転手さんがおじいちゃんだったので、念の為、決…

17回目のデブサミ。

今年もデブサミで話します。

12年間の読書量は、車一台分でした。

10年愛用してきたmediamarkerが終わるので記録を眺めてみることにしました。

諸君 私は越境が好きだ。

諸君 私は越境が好きだ

The Agile Guildを立ち上げて半年が経ちました。

TAG

2018年7月20日より、The Agile Guildという任意団体を立ち上げて活動しています。気がつけば半年近くになります。 theagileguild.org

所属から提供へという「複業」の時代に、The Agile Guildというギルドを立ち上げました。

TAG

先日、The Agile Guildという任意団体を立ち上げました。 theagileguild.org 詳しい有り様はこのサイトに書いているので、内容はそちらを見ていただくとして、そもそも「なぜこのような組織形態をはじめたのか」ということについて、ここでは触れておきたい…

さあA列車で行こう。それがだめなら走って行こう。

3月15日、ジュンク堂池袋本店でカイゼン・ジャーニーのトークイベントを開催しました。私のお話の中でも触れたように「ジュンク堂池袋本店」のさらに「トークイベント」は、私にとっては特別な場所です。特別な場所では特別な話をということで、今回のトーク…

問いかけを得るジャーニーに出よう。

2月7日の発刊以来、お陰様で書籍「カイゼン・ジャーニー」は多くの方の手に取って頂いているようです。圧倒的感謝です。

「カイゼン・ジャーニー」という本を書きました。

2017年の後半は書籍づくりをしていました。「カイゼン・ジャーニー」という本が2018年2月7日に出る予定です。 プロダクトづくりを上手くやっていくためにはどうしたら良いか?いろんな問題に遭遇しますね。チームで開発するためにはどうやる、開発チームの外…

12月に楽しんだ8冊。

ようやく、いろいろなことが一段落したので、この休日は久しぶりにどっぷりと積読を読み尽くす業をしています。12月だけで24冊読んでる。 興味深かった本をいくつかご紹介。

越境をエナジャイズするためだけの会社。

エナジャイルという会社を立ち上げました。 6月1日の登記ですから、実はもう1ヶ月経過しています。早いものです。契機は、デブサミ2017で話した 時を超えた越境への道 のとおりで、越境し続けてきたから、自分のいまがあります。また、誰かの越境があるから…

その橋に続け。新たな橋を。かけろ。

活動として大いに一区切り感があり、コミュニティとしての節目をきちんとつくるためにやはり記念回を設けようと考え、用意したのが第200回。 200回目をどんな場にするのか。ふりかえれば、現状を変える、という意味での越境を様々な場、局面で、様々な人に助…

他の人の夢に、むきなおる。

過去をみて現在を正すために、ふりかえり。 未来をみて現在を正すために、むきなおり。 と、会社で運用しています。

時を超えた越境への道。

越境という行為は、本当のところ、誰にとっての幸せなのか?と考えていた頃があった。