読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Dragon Scroll

Be just and fear not.

時を超えた越境への道。

デブサミ

越境という行為は、本当のところ、誰にとっての幸せなのか?と考えていた頃があった。


例えば、現場を変えるために、もっと納得のいくソフトウェアが作れるようになるために、現場改善をはじめる。あるいは、組織内の活動をはじめる。自分の時間を、情熱を、一点に注ぐ。

そして、他の現場は、他の組織は、どうなっているのかと、見聞を広げようとし始める。内のために、外に目を向ける。外との関わりの場にも出かける。結果、世界が一気に、広がる。

広がった世界を前にして、悩みが生まれる。自分が、ここで努めていることは、本当に合っているのかと。実は、ムダなことをしているのではないかと。現場を変えるのか、会社を替えるのか。

意識が高まり、何とかしようと様々活動していた人にほど、延長線上には無かった違う一歩を踏み出す、ということが起きたりする。私がかつていたある組織では、たくさんの尖った仲間たちがいた。当時の社内とSNSには、異様な面白さがあった。刺激的で、前向きな、アングラ風土があった。ところが、思い思いのタイミングで、一人、また一人と組織を離れてしまった。私もその一人だ。

現場をなんとかしたい、正しくつくりたいと、思い悩む人から相談めいたことをうける度に、私はなんとも言い難くなり、しばしば返事に窮するのだった。

「もう、おやめなさい。あなたのガッツとパッションと能力なら、きっと、他でも大いに活躍できる」

と出かかる。しかし、それを口にしてしまったら、その人の思いは一体、どこへ行ってしまうのだろうか、と言い淀む。私はただ、ただ話を聴いて、出口のなさそうな問題に一緒になって考え、時間を共にすることしかできなかった。

 

ある時、別の考えが浮かんだ。

私自身が越境すればするほど、自分自身に向きあい、考えやふるまいを問い直し、その度に発見があり、苦しいながらも、前に進めていることに気づいたときだった。

広がる選択肢を、他人が心配する権利などない。

越境し、分かることが増えるというのは、選択肢が広がるということだ。大いに悩み考えた上では、どの選択肢が合っていて、どの選択肢が間違っているかなんて、言えなくなる。ましてや他人が、その人の選択について良し悪し言えるわけがない。どの道を取ったとして、自分自身の選択なのだ。道を選べる事自体が、越境した人のみに贈られる、ギフトだ。

 

越境の結果、もたされる喜びも、悩ましさも、全部のその人のものだ。自分が望むだけ、越境すればいい。

15回目のデブサミで、私は越境の話をした。

f:id:papanda0806:20170218223219j:plain

デブサミで話すこと自体も越境であるし、その結果分かることがある。希望も、絶望も、両方ある。だから、話すべきかなのか、逡巡するときがある。しかし、今はもう分かっていた。たった一人でも、誰かに届いたならば、目的が果たせることに。

越境しようとする人は、たいてい、どこかの境界にいる。私の今の文脈では、新しい事業やサービスを立ち上げる局面だ。まさに、越境しようとする人たちと、共に越えようということが仕事になる。越境しようとする人たちの関わりは、多くの学びがある。なにせ、見知らぬ場所へ冒険に出るようなものだから。
また新たな一歩が踏めた、次はどんな一歩が踏めるだろうかと、踏み出す度に、気持ちが躍る。最初の一歩は10年前だった。それから。越境そのものによって自分自身がenergizeされていることに気づいた。
だから、私は越境をenergizeし続ける。境界に佇む、誰かの。そして、自分の。

あなたが開発しているプロダクトにストーリーはあるか。クリフハンガーに陥らないための作戦がここにある。

書籍

BNNさんから刊行される「ストーリーマッピングをはじめよう」という書籍のオビに推薦の言葉を添えさせて頂きました。

ストーリーマッピングをはじめよう

ストーリーマッピングをはじめよう

  • 作者: ドナ・リチョウ,高崎拓哉
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
続きを読む

日常的に忙しさの限界を越えている人向け「マニャーナの法則」

書籍

「仕事に追われない仕事術」これは、なかなか良い本。

仕事術系の本はとんと読まなくなったけども、知人が紹介しているのを見て久々に手に取る。マニャーナの法則とは、新しく発生した仕事は「明日やる」と決めること。なぜそれで上手く仕事がはかどるのかは、本書を読んでいただくとして、刺さったワードをあげてみる。

・効率 = 創造力 ☓ 整理
・忙しいだけの仕事、本当の仕事(目標に近づくための仕事)
・「すぐやる」と忙しいだけの仕事ばかりが進む
・新しく発生した仕事は「明日やる」
・タスク・ダイアリー
・緊急度の低いタスクからとりかかる
・仕事を片付けることと、仕事に向き合うことは違う

 

「タスク・ダイアリー」は、「明日やる」「今日中にやる」タスクの記録をダイアリー帳をつかって運用するやりかた。本書では紙を使っているけども、私はGoogleカレンダーが良いんじゃないかなと思う。そういう意味では既に「タスク・ダイアリー」を運用している。タスク管理はGoogleカレンダーで十分というのが自論。

この書籍、よーく読むと、スクラムのモデル(本書でいう「クローズリスト」はスプリントバックログ)や、リーンの教え(本書でいう「リミットを設ける」はWIP制限)と下敷きが重なっていることがわかります。少しずつ、頻繁にやる、とかね。こういう一致が書籍の信頼感を高めるところ。

自分は延々と仕事をし続ける傾向にあるので、当たり前といえば当たり前だけども「切りのいいところで休憩する、ではなくて時間で休憩する」というのも実はよくできていることに気付く。「途中で仕事を終えると再開したくなる」傾向が高まり、結果的に仕事を続けられる。

「すぐやると忙しいだけの仕事ばかりが進む」「緊急度の低いタスクからとりかかる」など、いままでのタスク管理の常識を崩しながら、新しい考え方を提示しているところに本書の価値がある。日常的に忙しさの限界を越えている方におすすめ。

半径5メートルも、自分。

ほぼ日記

https://www.instagram.com/p/BMVk-m1A-rS/

先日の会社の事業合宿にて、たまには私へのフィードバックをと根堀葉掘り聴くと意外なことがわかった。(相手の方は、夜の1時まで付き合わされて、大変めんどうであったに違いない)

それは「これは違うなとわかった時のインターフェースが、唐突に変わりすぎる」というものだった。

これは自分では意外すぎた。自分の外面は自分で完璧にコントロールしているつもりだった。どうも、ミーティング中でも私から「これは違いますね」感が漂い始めるらしく、ミーティングの雰囲気が微妙になっていく。
この「違う」の対象は「考え方」についての場合が、多いように思う。人と人同士、違って当然なのであるが、こと仕事において「正しいものを正しくつくる」だとか「越境」だとかという軸と照らし合わせて「違った」場合、このまま進めていくべきかは大いに考えることになる。
「進め方」が違う場合は、時間をかければ整えられることが多いが、「考え方」の場合は、違ったまま時間を進めても、双方にとって不幸になることが多いと信じている。Howレベルは何とかなるが、Whyレベルで方向性が違うと、上手くいく芽が小さい。
開発の現場というのは、スポーツでのチーム、音楽でのバンドみたいなものだから、方向性が違うと具体的な活動でいちいち不協和音が生じ、えんえんと悩み続けることになる。ということが、もう経験的に身に染み付いてしまっている。だから、Why違いには敏感になる。
一方、自分の軸と照らし合わせる「システム」のようなものが無意識に働いているのは、自身が軸を大事にしている証左で良い反面、やはり気をつけなければならない。
さすがにTPOを弁えるので「これは違うな」と思ったところで、話をぶったぎることは、あまり無い。だが、同席している人を醸し出す微妙な雰囲気でドキドキさせることがあるらしい。これは反省しなければならない。とっくに、自分の外面に責任をもつべき立場と年齢だ。
スポーツ選手はまず自分の体のコントロールを完璧にすることを目指すそうだ(と、武井壮が言ってた)。自分自身のことを自分で認識できていない、自分の意思で制御できないレベルで、果たして目指すべき成果が得られるのか、という。もっともだ。

コミュニティから会社をつくる。コミュニティの人たちで事業をつくる。

ほぼ日記

https://www.instagram.com/p/pNlADUPodU/

ギルドワークスという会社は、コミュニティで出会い、深耕してきた人たちで作った会社です。具体的には、増田、上野、中村、市谷の4人。なんだかんだ言い合いながら、2年半が経ちました。

一方、RODEMというプロダクトがあります。

ekiworld.net

Googleカレンダーに登録した予定に基づき、裏側で経路算出を行い、カレンダーに表示してくれる。ヴァル研究所さんのプロダクトであり、私達ギルドワークスがご一緒してつくってきたプロダクトでもある。

このRODEMという新しい事業を立ち上げんとしている人たちも、実はコミュニティでの出会いが背景にあります。具体的には、ヴァル研究所の篠原さん、伊藤さん、そしてギルドワークスは私と、佐々木と、上野。(フジタさんもそうだった! 他の開発メンバーのみなさんとも、コミュニティ背景があったりします)

 

コミュニティで出会った人たちで会社を立ち上げる

コミュニティで出会った人たちで会社を越えて、事業を立ち上げる。

 

実際には、この美しい言葉では覆い尽くせない、泥臭い活動や検証があって実現していることであります。当然ですが、コミュニティという背景はなんのエクスキューズでもなくて、むしろだからこそ、プロの矜持にかけて力を尽くさないといけない。そういう意味では、ギルドワークスのメンバーをはじめ、開発チームの面々には相応のプレッシャーと苦労をかけていたと思います。ここで書くことではないけども、それでも感謝する気持ちを書かずにはいられません。

一方で、やはりコミュニティでの関係性を背景としているのは、相互理解が進みやすく、スピード感が出ます。それ以上に思いの乗り方が違う。

ギルドワークスとして、お客様としてのヴァル研究所さまのために、という視点以上に(これらの視点は当然に備わるべき)、

コミュニティで出会い、より良いサービスをつくろうと、あすなろうと、思いを確認しあった人たちの、その「思い」をいまここで、成就させなくてどうする。いまここで、まさに檜にならなくてどうする。そのために、自分ができることを、すべてやる、という思い。

そういう思いに自分は支配されている。

あまっちょろい、青春みたいな味のする話だとお思いになるかもしれない。でも、それで、良い。こうした思いで駆動する開発というのは、いかにもコミュニティ、DevLOVE的で、そして、私らしいと自分でも思うのである。

大きく言うと。

これまでとは異なる価値観で仕事をする、仕事ができる、その方がある状況では絶大な成果がうまれる。そういう世界に、私は変えたい。そのために、コミュニティを立ち上げてきたのだから。

 

11月28日に、RODEMを中心とした、企画・開発の現場の話をします。興味を持たれた方にぜひ立ち寄って頂きたいと願っています。

guildworks.doorkeeper.jp

デブサミへの帰還。

デブサミ Agile

f:id:papanda0806:20160919194315j:plain

デブサミ関西でお話をしてきました。

テーマは、正しいものを正しくつくるです。ギルドワークスという会社を立ち上げて2年半。3年目を終え、4年目に向かうために、一度自分の身をふりかえるにも良い機会になるだろうと、快諾させて頂きました。このエントリーは、発表のふりかえりです。

続きを読む

なぜ、5回もシンゴジラを観るのか。

ほぼ日記

f:id:papanda0806:20160830003756j:plain

この夏は、シンゴジラを5回みました。

なぜ、5回も同じ映画を見たのか、そしてこれからも見ようとしているのか、正直なところまだ良く分かっていません。観るたびに何かを思う。何かを思いつきそうな限り、足を運ぶんじゃないかと思います。

続きを読む

超カワイイグルメ系Q&Aアプリ「ペコッター」がよく出来ているペコ

サービス

ペコッターがとってもよく出来ていたのでご紹介。

この時期、と言わず、誰かと美味しいお店に行きたいというのは日常的によくありますよね。それなりにおっさんになってきたので、それなりのお店にいきたい。場所はああでこうで、日本酒が美味しくて...なんて言っているとなかなか決められない。

そう、探せるのは探せる。ぐるなびさんや食べログさんがそれはもうたくさんの候補を教えてくれる。しかし、そこから決めるのが実は厄介。ペコッターというアプリを使ってみると、この悩みを上手いこと解決してくれました。

続きを読む

違いに向き合い続けたことで、前進をしてきた。

ほぼ日記

https://www.instagram.com/p/qkRvIyvodW/

最初は、恐る恐ると慎重に始めたことも、何度も何度も繰り返すうちにだんだんと自分なりの型ができ始めてくる。例えば、アジャイルとよばれる考え方を始めて開発に取り入れ、実践していくときには、とてつもなく頼りのなさを感じることだろう。失敗と感じることもたくさんおきる。

しかし、何度かの失敗、何度となく自分たちの成果と活動をふりかえることで、だんだんとこうすると上手くいきそうだという勘所を宿し始める。さらに積み重ねると、基本形はもはや大きくは変わらず、随所の調整をしていっているような感覚になる。ゆえに、以前よりも迷い、試行錯誤することが減り、全体としての速度は上がっていく。

続きを読む

頭の中で二歩目、三歩目をいくら描いても、一歩目を踏んでいなければ一ミリも前に進めない。

ほぼ日記

http://instagram.com/p/KO4lQ4PoeI/

 先日、数年前に在籍していたSIer(もともと東京湾の海岸沿いにあったため、仲間内で「海岸沿いのSIer」と呼んでいた)の社内カンファレンスにお呼ばれし、話をしてきました。この社内カンファレンス、元をたとれば私が当時の仲間と拵えたもので、ボトムアップからいきなり立ち上げた、社内ではちょっとした名物イベントになっていたのでした。内容は各回テーマを決めて、社員が技術話や経験談を語るものでした。私が在籍している間に3回開催し、その後は長らく途絶えていたのですが、自分たちなりにリビルドして立ち上げ直した若者たちがおり、最近になって活発に開催されるようになっていたのでした。

 「元社員にこんなのがおったよ。何を考えて、何をし、いまこうしているよ」そんな話をして欲しいと依頼をもらい、辞めて久しい私にいまだ声をかけてくれる同朋に感謝し、一も二もなく快諾しました。自分が元居た場所に、何かおみやげを持っていけないか。何を置きに帰れば良いか。しばし考えた末、こんなことを伝えるべく、話をしたのでした。

続きを読む