読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Dragon Scroll

Be just and fear not.

これからの書店に期待すること。

http://instagram.com/p/s4P0GpPoVb/

 年末の大掃除にうちになる書籍の数を概算見積してみると、ざっと一千冊。年末になると問題がクローズアップされるのが、この書籍の保管場所。居間の侵食激しく、年を経る度に深刻化しておりました。。
 というわけで、唐突ですが電子書籍素晴らしいです。土地問題一気に解決。今までは洋書はKindle、和書は紙で、という読み方をしていたのですが、土地問題に悩むくらいなら全部Kindleで良いですね。わざわざこまめに本屋に行く必要もないし、おまけにコストまで安いという。書店好きではありますが、これはさすがに現在の延長線上に今の書店の形があるのかというと疑問。書店が果たす役割はむしろ変わって行って欲しいと思うのであります。

出版物売り上げ大幅減 消費増税が影響か NHKニュース

これは事実なんだろうけど。これで終わってしまうと、アドラー的にいえば書店が変わらない理由を消費税のせいにしているだけだったりして。 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 じゃあ、どう変わって欲しいかというと、自分と同じ視点、あるいは異なる視点で書籍をリコメンドする機能を担うこと。過去も含めて大量に出版されている書籍の中からキュレーションして欲しい。これはamazonをただ検索しているだけでは足りない(自分の視点が本探しの限界になるため)。すでにそういう書店はあります。

 

湘南T-SITEとは - 湘南T-SITE

 年の暮れに行ってみましたが、なかなか面白い場所でした。いろんなテーマの本を一箇所に並べて「はいどーぞあなたの好きなモノを探して持って行ってね」というスタイルから、テーマが先にあって(例えばフードやデジタルライフ)、それに関係するショップと書店が同居しているスタイルへ。私自身は、スローフードもデジタルライフもそれほど関心があることではなかったので、足繁く通うことはなさそうですが、今後どうなっていくのか興味深い場所です。それともう一箇所。 

たらば書房

 鎌倉の西口にある、凄く小さなお店です。一見、町によくあるこじんまりとした地元民のための書店。ところが中身に入って物色をし始めると、「お、こんな書籍が出ていたのか。」ついつい棚に手を伸ばしてしまいます。店主が選んでいる書籍のセンスがイイ。小さなスペースなので、置ける書籍には限りがあります。なので、意図を持って選んでいるはずなのです。不思議なことに店主の選球眼と自分の関心がイイ感じで合っているのですね。この書店、只者ではない!と思ったら、やっぱりこんな書籍で私とほぼ同じ見解で紹介されていました。 

鎌倉の地元遺産100

鎌倉の地元遺産100

 

というわけで、書店も、もっと面白くなると思うのであります。