読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Dragon Scroll

Be just and fear not.

LeanCanvasとエリアの関連性から企画書を見る。

既にサービスの企画書があって、ソフトウェアとして何を作るべきかを考える状況でも、LeanCanvasが使える(LeanCanvasの詳細についてはこちらをどうぞ)。企画書の内容をLeanCanvasの各エリアに書き出していって、空欄のままになっているエリアや、内容が不足…